野菜の棲家

京都・亀岡で無農薬の野菜・ハーブ・薬草・山菜を栽培しています。

ブログ

秋冬野菜の種②

投稿日:

秋冬野菜の種第二弾です。葉物や大根は自家採種も加わります。今回は主に7月播種のニンジンと8月播種の白菜を中心に買っています。大根系は赤、黒含めて数品種増やすつもりです。葉物野菜やカブ、ビーツなどはまだ選定していません。

ではニンジンから、トップバッターは京野菜の金時人参です。

次が昨年育てて好評を得て、丹波篠山のまえ川さんでも料理に使って頂いたフランス産黄人参です。こちらは昨年の分から自家採種(交雑の可能性有り)するので、比較してみたいと思います。

紫のニンジンは甘いといろいろな方から聞きます。紫はF1ですが、今年はこちらの品種です。中まで紫の品種もありますが、まだ種が入荷していませんでした。

そして、まるで青首大根の様なニンジン。白い人参はパースニップ(正確には人参ではない)も自家採種で作ります。

小さいサイズはラディッシュみたいな丸キャロット。ラディッシュと一緒にそのままお皿に添えてみても楽しい一品です。なんとかうちの畑の主力商品にしたい人参です。

イタリア野菜、フランス野菜などの種を扱うナチュラル・ハーベストさんは種を買うとおまけをよく付けてくれます。海外の珍しい野菜の種や固定種の種を買う時に使います。

今回はニンジンばかり買ったのでオマケはこちら。小さな三角形のニンジンRONDE marche de paris。名前からしてフランスのニンジンですね。

今冬のニンジンは、こちらに日本の五寸系を加えて作る予定です。

次は白菜。

白菜は収穫時期をずらしながらの栽培を考えています。基本は国内メーカーの種です。

まずはF1品種のCRお黄にいり。CRとついていてもパチンコとは関係ありません。根瘤病に耐性があるという意味です。

こちらは播種後50日で出来るので畑に余裕があれば8月と9月に蒔いてずらして収穫します。個食の進んだ現代社会にミニ白菜はぴったり、一人鍋対応白菜です。

次が早生タイプの野崎二号。大正5年に愛知県の野崎鋼次郎が育成した「あいちの伝統野菜」。播種後65日くらいから収穫します。約2kgの使い勝手の良い白菜です。

大正時代の野菜が令和時代にも繋がっているって凄いですよね。

(エンドウ豆にはエジプト文明の頃の品種ツタンカーメンがありますけどね。)

京都で農業しているのでという訳ではありませんが、晩生品種の京都三号。京都三号と言いますが元は石川県発祥の加賀野菜です。それは置いといて、つまり、二号と三号を作る訳です。なんというか本妻がいなくて愛人だけみたいな感じで微妙ですね(笑)

京都三号は播種後95日で約4kg、つまり野崎二号の倍くらいになるという事です。まさにみんなで鍋しようぜ!って感じの白菜です。

個人的に芯のしっかりした白芯の白菜が好きです。確かに黄芯の白菜は甘みがあって美味しいのですが、固定種で見たことは無いかも知れません。

今年、ちゃんと白菜出来たら鍋しましょうね!と語りかけてみる。鍋パしたいですね。

そして、鍋といえば・・・

竹の子白菜ですよ。長さ50cm以上になる白菜で他の白菜に比べ水分が少なく漬物や加熱料理に向く、まさに中華料理や鍋物に向いています。竹の子白菜は重さは2〜3kg、大体80日前後の収穫です。

竹の子白菜が出来たら知り合いの中国人ルートから、ふぐ料理の店に紹介して貰おうかな。大阪に2店舗の店だし、丁度良いかも。冬場はその知り合いの中国人とちょくちょく行っていたお店です。

最後は変わり種。F1品種の紫の白菜、既に紫なのだから白菜でも無いかも知れないアントシアニン豊富な紫奏子。衝撃のバイオレット!そのコピーそのまま使いたいです。

生食や熱を加えない調理で鮮やかな紫色を残します。但し、気温が高いと緑が多くなるので8月下旬か9月初旬に蒔きます。約85日前後の収穫です。でも今年はテスト的に蒔くので15〜30個しか出来ません。

とりあえず、次は大根です。

前回、中まで赤い大根の種を発表しましたが、今回は皮が赤い大根、皮は白いけど中身が赤い大根などです。

まずは意表を突いて、緑の部分が多い江都青長大根です。別名ビタミン大根とも呼ばれますが、割りと短めの大根です。

全体の2/3くらいが緑色の大根で甘みが強い大根です。個人的には辛味大根が好きですが・・・(^_^;)ブログ初顔文字じゃないか?

とりあえず、甘いので・・・食べてみないとわからない!

次いってみよー(なんで長介やねん。って、ここで年代がばれるのか?)

はい、皮が赤くて中身が白い大根です。

簡単に言えば基本的なラディッシュの大きい感じですかね?って言うか、まぁ、ラディッシュの大きい奴です。

でもほら、紅心大根と合わせると皮が赤くて、中が白い大根と皮が白くて中が赤い大根の見事なコントラストが料理に映えませんか?

種の袋は紅心大根のみのサラダですが、手間は増えますが紅心大根、紅丸大根を交互にする事により、更にインパクトは高まります。

まぁ、全ては僕が両方ともちゃんと作れたらの話ですが・・・

さて、最後に今年は収穫にもたついて駄目だったそば・ソバ・蕎麦。今年はとある出会いがきっかけで収穫も手伝ってくれる方が増えそうなので蕎麦作ります。

こちらがメインの信濃一号。

秋そばの基本みたいな品種です。

そば好きなので、亀岡で蕎麦を増やして、そば打ちしたい定年のおじさんに蕎麦屋をやらせるみたいなのもいいですね。で、株主特権で月1回は無料みたいな。

こちらは信州大学の氏原氏が作った通常のそばより1.7倍大きくて美味という種類。

大袋は売り切れていたので、今年は自家採種用に蒔きます。

本日の種はここまでですが、実は自家採種で越前そら豆も増やしていたり、自家採種に初姫があれば増やすし、無ければ今年改めて中身が赤い初姫も蒔くし、駒栄という2月に蒔いても大丈夫なそら豆とかもやります。

エンドウは来年、緑、紫、黄色とやってみたり、久留米豊だけではなくうすいエンドウも作りたいです。

で、儲かってないくせにニンニクとラッキョウの為に圃場(農地)増やします。

ニンニクとラッキョウは福祉団体と連携して、農福連携でやっていき、今は管理者と数人で来て4〜5時間で3000円という最低賃金どころではない(補助が出ているのでね)支払いを人並みに払える状態にしたい。だって、管理者含めて4人で3000円ですよ。3000円÷4人÷4〜5時間。つまり、4時間で計算して時給190円ですよ。管理者は健常者。多分、管理者一人でこなせる範囲なんです。

僕はこれを変えたい。ニンニクやラッキョウだけでは無理かも知れない。でも、その圃場の売上は彼らに還元したい。

そして、更に儲かるのはイチゴのハウス。ここに彼らと介護とかをしてたシングルマザーを合わせて、国に頼らない福祉をしたい。

それも一つの夢です。夢の方向はいくつかあるので。

-ブログ
-

執筆者:

関連記事

久しぶりの畑

夜勤のバイトを5日しただけなのに、いろいろな用事もあって畑に来れてませんでした。特にバイトは5日なのに8日分潰れるという状態で、さすがに2月もやってたら畑に来れないと考え、バイト先には申し訳ないが辞め …

新年初仕事。そして、麦踏み。

新年明けましておめでとうございます。 新年初の仕事は、年末に雨で終わらせる事が出来なかったエンドウ豆の植え付けから開始し、無事終了。そら豆264本、実エンドウと絹さやエンドウ800本くらい植え付けまし …

菊芋って

乾ききって無いけど明日からも天候不順なので無理矢理に畝立てしました。なので、かなり畝は粗いのだけどマメ科だしなんとかなると信じています。信じればイケるはず! その後、明日納品の菊芋掘りをしてました。菊 …

生姜植えました。

今日は種生姜のバラしから、大体50g程度を目指して芽が付いている部分を分割していきます。この種生姜は【近江生姜】という種類で肉質が黄色みを帯びていることから【黄生姜】とも言われています。香りと辛味が強 …

ジャガイモ追加と今日の作業

キタアカリ9kgとメークイン9kgを追加しました。3月末に30%引きで在庫限りと書いてあったので買いましたが、4月になったら50%引きになっていました。今日、植え付けたジャガイモが先に植え付けたジャガ …