野菜の棲家

京都・亀岡で無農薬の野菜・ハーブ・薬草・山菜を栽培しています。

ブログ

里芋分割芽出し法と逆さ植え

投稿日:

一般的にジャガイモの種芋を切って植える方法は知られていますが、里芋を切って植え方法は知られていません。

里芋分割芽出し法については現代農業の別冊に掲載されていましたが、そちらでは8等分となっていました。初めてだったので4等分にしました。

下半分をカットして、上半分を4等分します。

カットした里芋はピートモスなどの無菌の土に並べます。こうする事で少ない種芋から多数の種芋を作る事が出来ます。親芋を使う場合は更に分割出来ます。

但し、種芋一つ当たりの収量は落ちるとの研究発表もあるので家庭菜園などの場合は種芋は切らずに使います。

カットしてピートモスに並べたのが3月30日です。

約1週間後の4月6日には芽が出始めている種芋があります。土の表面が乾いたら水を多めにあげてください。

拡大すると下の写真になります。

4月11日になると芽が拡大しなくても解る様になりました。

4月15日そろそろ植え付けても大丈夫ではないかと思います。何故、この程度の芽で植え付けるのか?それは下に答えがあります。

4月18日畑に植え付けました。

里芋が大きな葉で日陰を提供する為、生姜の生息環境に混植が向いており、里芋の畝に生姜も後日植えます。

わかりにくい写真ですが、分割して芽出しした種芋を芽の方がを下にして約10cmくらい掘った穴に植えていきます。いわゆる逆さ植えです。通常はポットなどに仮植えして芽出しして、葉が大きくなった状態で植え付けると失敗が少ないのですが、逆さ植えなので芽は小さいまま植え付けます。

何故、逆さ植えなのかというと、里芋は植えた種芋の上の苦境の部分に親芋が出来て、その周りに小芋が付きます。なので逆さ植えをすると茎がJの字に成長しJの曲がっている辺りに親芋が出来る為、土寄せがいらないという訳です。

で、通常仮植えから3〜4週間で葉が出てきます。なので4月18日植え付けで5月の中旬には葉が出てきても良いのですが植え付けてから約50日後の6月10日に葉が出ているのを確認しました。逆さ植えしている分、地上に出てくるのに時間がかかったのだと思います。

葉が出てきて本当に安堵しました。そして、植物の力はやっぱり凄いと感心しました。

次はコンパニオンプランツの生姜です。

生姜はタイ産完熟近江生姜を種生姜として仕入れました。

5月3日種生姜を手頃なサイズに手で割っていきます。

里芋の畝にあらかじめ開けておいた穴に植えていきます。

余ったので里芋が植わって無いところにも植えました。

-ブログ
-

執筆者:

関連記事

no image

閑話休題

今日は畑に行っていないので閑話休題。 世界には面白い野菜が多いです。昨夜買ったトマト🍅の種(うまく育てられるかはわかりませんが)、絶対に面白い。 その中でもバリーズクレージチェリートマトというのが凄い …

かぼちゃは面白い

前回、飛騨南瓜の事について書いた時にかぼちゃの種類について触れたので詳しくは書かないのですが、今年はかぼちゃを数種類作るつもりなので購入した種について書きます。 まずは日本かぼちゃの備前黒皮南瓜。西洋 …

調理用トマト

日本でトマトというとスーパーマーケットなどで販売している生食用のトマトを思い浮かべると思います。 今はミニトマトや中玉トマトもスーパーマーケットや八百屋さんで販売され、いろいろな種類を楽しめますが、大 …

キクイモ

農場で作っている野菜の中から一つピックアップ。 初回は冬場が旬のキクイモ(菊芋)。別名エルサレムアーティチョーク、日本では江戸時代末期(1859年または1861年)に飼料用として導入された事からブタイ …

今日は畝立て

昨日は兵庫県神戸市の異人館街近くの北野にある【好きやde西播磨】の方から声が掛かっていたので営業に行ってきました。基本的には西播磨の野菜が中心ですが、京都産の野菜も取り扱って頂けるとの事になりました。 …