野菜の棲家

京都・亀岡で無農薬の野菜・ハーブ・薬草・山菜を栽培しています。

ブログ

ラッキョウ

投稿日:

ここ2日間くらいは暑い最中にラッキョウを掘っていました。ラッキョウ専業ではないので機械は無いし、圃場も砂地ではなく粘土質なので肉体労働でした。粘土質だとラッキョウの鱗茎は大きくなりにくく収量は上がりません。なので主要産地が鳥取や福井の砂地や九州のシラス台地になっているのです。

ラッキョウは昨年も作りましたが、昨年京都で行われたマルシェでラッキョウを買って頂いたお客様から直接問い合わせを頂き、4kg買いたいとの話でした。昨年は作ったラッキョウが完売してしまったので、今年は自分でもラッキョウ漬けを作りたいと作付を増やしていました。

ちなみに市販のラッキョウには「洗い」と「土付き」があります。関西地方では「洗い」の方が好まれるらしいです。

買って直ぐに漬ける方は「洗い」、そうでない方は「土付き」を購入してください。

土の中の作物は水洗いすると日持ちが悪くなります。

今年も収穫したラッキョウは全て完売です。

今、届けに行っている個人のお客様と既に残りを予約されている方がいますので、これで終了です。

来年は自分用にも作付を増やします。

ラッキョウの名前は中国の辣韮(ラッキュウ)に由来し、意味は辛辣な韮という意味です。

ラッキョウは生薬としても胸のつかえや痛みを癒すとされ利用されています。

また、生ラッキョウは水溶性食物繊維が多く含まれますが、甘酢漬けなどにすると酢と反応して1/6くらいに減少します。

畑の作物は大体が年1回しか作れないので、課題の結果はまた来年です。(課題は収量を上げる事です。

-ブログ
-

執筆者:

関連記事

種の話。無肥料栽培セミナー。

今日は三田市で昨年の春夏無肥料栽培講座の先生岡本よりたか氏の「種は誰のものか?」と題した主要農作物種子法と種苗法を中心とした講演を聴いて来ました。 主要農作物種子法にしても、種苗法にしても、自家採種が …

no image

畑の作業

今日は出荷の為に収穫と間引き。収穫したのは菊芋、四貫目体菜、ミニチンゲンサイ、水菜、カラシナ、スティック春菊、小松菜、ラディッシュ、のらぼう菜の間引き菜です。 昼前に農業委員の方が剪定屑堆肥の仕入先を …

たねの学校 タネの交換会

神戸市北区大沢のPeace&Nature OZObaseでPeace&Nature とたね・つち・ひと未来研究所のコラボレーションで行われたタネの交換会に行って来ました。 子ども達も合 …

菊芋って

乾ききって無いけど明日からも天候不順なので無理矢理に畝立てしました。なので、かなり畝は粗いのだけどマメ科だしなんとかなると信じています。信じればイケるはず! その後、明日納品の菊芋掘りをしてました。菊 …

種苗交換会

今日はいつもより少し早起きして滋賀県大津市へ。AM8時から全国有機農業の集いの種苗交換会に参加するためです。 滋賀県と言えば狸。狸と言えば滋賀県。 種苗交換会の会場には種苗の交換の為に大勢の人が来てい …