野菜の棲家

京都・亀岡で無農薬の野菜・ハーブ・薬草・山菜を栽培しています。

ブログ

ラッキョウ

投稿日:

ここ2日間くらいは暑い最中にラッキョウを掘っていました。ラッキョウ専業ではないので機械は無いし、圃場も砂地ではなく粘土質なので肉体労働でした。粘土質だとラッキョウの鱗茎は大きくなりにくく収量は上がりません。なので主要産地が鳥取や福井の砂地や九州のシラス台地になっているのです。

ラッキョウは昨年も作りましたが、昨年京都で行われたマルシェでラッキョウを買って頂いたお客様から直接問い合わせを頂き、4kg買いたいとの話でした。昨年は作ったラッキョウが完売してしまったので、今年は自分でもラッキョウ漬けを作りたいと作付を増やしていました。

ちなみに市販のラッキョウには「洗い」と「土付き」があります。関西地方では「洗い」の方が好まれるらしいです。

買って直ぐに漬ける方は「洗い」、そうでない方は「土付き」を購入してください。

土の中の作物は水洗いすると日持ちが悪くなります。

今年も収穫したラッキョウは全て完売です。

今、届けに行っている個人のお客様と既に残りを予約されている方がいますので、これで終了です。

来年は自分用にも作付を増やします。

ラッキョウの名前は中国の辣韮(ラッキュウ)に由来し、意味は辛辣な韮という意味です。

ラッキョウは生薬としても胸のつかえや痛みを癒すとされ利用されています。

また、生ラッキョウは水溶性食物繊維が多く含まれますが、甘酢漬けなどにすると酢と反応して1/6くらいに減少します。

畑の作物は大体が年1回しか作れないので、課題の結果はまた来年です。(課題は収量を上げる事です。

-ブログ
-

執筆者:

関連記事

no image

京都若手農林漁業者大交流会2018

午前中は葉物野菜のサラダ水菜(小株、大株紅衣水菜、安藤早生小松菜、赤リアスからし菜を収穫、納品。 午後から京都若手農林漁業者大交流会に参加。若手なのか?というのは置いといて(笑) 60人近くの参加者が …

菊芋の残りを

今日、畑の見学に来てくれた方2名と去年の菊芋の残りを掘り上げ、とりあえず緑肥を蒔く予定だった区画の約半分に菊芋を植え付けました。 上の写真はイメージです。今日の収穫はもっとありました。 3人で作業する …

豆の季節(序章)

少しブログを書くのが空いてしまいましたが決して仕事をしていない訳ではありません。 4月19日以降、日曜日は自分の畑には行きませんでしたが、西宮市でエディブルフォレストを作る集まりに参加。作物を利用した …

ジャガイモ植え付けのおさらい

通常、ジャガイモの植え付けの際は大きい芋を半分などに切って植え付けます。大体の家庭菜園の本などにはその様に書いてあると思います。 まだ、肌寒い春の植え付けなので切って植え付けしてもいいのですが、今年は …

生姜植えました。

今日は種生姜のバラしから、大体50g程度を目指して芽が付いている部分を分割していきます。この種生姜は【近江生姜】という種類で肉質が黄色みを帯びていることから【黄生姜】とも言われています。香りと辛味が強 …