野菜の棲家

京都・亀岡で無農薬の野菜・ハーブ・薬草・山菜を栽培しています。

ブログ

畑作業と農福連携フォーラム

投稿日:

天気予報やラジオでは3月並みの気温と言っているけど、太陽が出ていないと少し肌寒いです。多分、10℃超えてないのでは?

とりあえず、畑を耕運しました。今日は2ヶ所耕運。

こちらはジャガイモの畝を作ります。半分くらいは玉ネギを失敗(苗が弱かった)した畝を使います。ジャガイモの種芋は現在ニシユタカ10kg、インカのめざめ10kg、アンデス赤6kg、シャドークイーン2kg、サッシー3kg、ノーザンルビー1kgを準備していますが、できれば人気のキタアカリを10kg、グラウンドペチカを3kg、4月に売れ残りのインカのめざめを追加できればと考えています。

一部、芽挿し栽培もテストしてみようと思います。芽挿し栽培とはジャガイモの芽を出させて、掘り起こし、根の付いた芽を植え直すという方法で種芋を数回使うと9月頃まで同じ種芋でジャガイモが出来るというもの。

しかしながら、主なジャガイモは6月に収穫し、そのままカボチャの一部を6月に定植する予定です。

こちらはカボチャの畝にします。

カボチャは畝で作るものと金網柵を利用するものに分けます。また、半分くらいは人参の畝があり、こちらは耕さずに不耕起栽培でカボチャを植え、残っている人参の自家採種をしたいと思っています。

ここで作るカボチャはバターナッツ、備前黒皮南瓜、坊っちゃん南瓜、ソウメン南瓜、飛騨南瓜、スペース的にいければかちわりカボチャを作ります。

2ヶ所耕運した後はトマトの播種用にポットへ培養土を入れてましたが、動かないと寒いので昨年作ったロケットストーブを近くに置いて作業しました。基本的には熱が上に抜けるので、そこまで温かい訳では無いですが、時々手を温めて作業してました。

更に草木灰も出来るから、しばらくは活用します。

18時前くらいから亀岡市役所内で京都丹波地域の農福連携フォーラムがあり、うちの畑でもB型作業所の方に来てもらったりしているので参加しました。

丹後地域の与謝野町にあるA型作業所は農産加工をしていて、農家と連携が出来ているので良い事例だなと感じました。農家が自ら加工施設や加工機器を購入すると費用もかかるし、作業も大変になる、食品加工の会社はロットが大きい等、問題も多い部分を上手くカバーし良い関係を作れていると思いました。

明日はできれば2ヶ所耕運して、トマトの播種が出来ればと思います。そして夕方は亀岡のベテラン農家と新規就農者の会があるので参加してきます。

-ブログ
-

執筆者:

関連記事

土壌医検定試験の勉強

土壌医検定試験3級の受験票が届いていたので、土壌医検定について書きます。 土壌医検定とは、近年、土づくりの専門家が少なくなっている事から、土づくりの相談相手となれる人材を作ろうと一般財団法人日本土壌協 …

no image

サボりまくりのブログ

まったくサボりまくっているブログですが、一応、頑張って畑仕事はしております。 向学の為、姉親子が来た時は神戸の布引ハーブ園に連れて行き、 黒枝豆の販売の為のチラシの原案を作り、 茗荷やインゲンも収穫を …

イタリアントマト

イタリアントマトとは、名前の通りイタリアで作られているトマトの事を指します。 一般的には写真のサンマルツァーノという加熱調理用の品種が有名です。その為、イタリアントマトというと調理用トマトというイメー …

トマトの植え付け

今日は依頼された菊芋の苗をポットに移植した以外は、ひたすらトマトの植え付けをしていました。 今日で大体250本くらい植え付けので先日のと合わせて350本くらいになっています。まだまだ植え付けます。 自 …

no image

京都若手農林漁業者大交流会2018

午前中は葉物野菜のサラダ水菜(小株、大株紅衣水菜、安藤早生小松菜、赤リアスからし菜を収穫、納品。 午後から京都若手農林漁業者大交流会に参加。若手なのか?というのは置いといて(笑) 60人近くの参加者が …